セロトニンやメラトニンが不足するとうつ病になる

結婚式記憶術 > 病院 > セロトニンやメラトニンが不足するとうつ病になる

セロトニンやメラトニンが不足するとうつ病になる

2015年6月23日(火曜日) テーマ:

現代の精神病の代表的なものとして

不安障害やうつ病、パニック障害というものがありますが、

これらは治療を行えば必ず克服できる病気です。

 

 

今の世の中このような病気は

ほとんどの人が罹る要素を持っていると言えますが、

真面目な人や几帳面な人、完璧主義の人などに罹りやすいと言われています。

 

また、仕事のストレスから抜け出せなかったり、

不規則な生活を送っている人も十分に患う可能性がありますから、

現時点で問題が無かったとしても

他人事だと思わずに普段の生活スタイルを見直す必要があるでしょう。

 

 

 

こういったパニック障害や不安障害、またはうつ病などは

深刻な病気として受け止められていますが、

きちんと治療すれば完治させ克服することが出来るので

決して諦めず前向きに回復に取り組んでください。

 

また、薬に頼ってばかりでは本当に克服したとは言えません。

 

前述したように生活スタイルや考え方を改善していくことによって

根本的に完治させることが出来るようになります。

 

 

こういった病気を引き起こすのはセロトニンやドーパミンなどの脳内ホルモンが正常に分泌されなくなるからですが、それはやはり生活習慣の改善やストレスの軽減が基本になります。

 

セロトニンが分泌されないと睡眠を促すホルモンであるメラトニンも生成されません。

 

ですからうつ病やパニック障害になる以前に睡眠障害に陥ったりと

わずかでも症状は出てきているケースが多いはずです。

 

セロトニンやメラトニンを補助するサプリメントなどもありますが、

あくまでも規則正しい生活をした上でこういったものを利用するべきでしょう。

 

ただしメラトニンサプリの効果は睡眠導入剤に近いものがあり、

 

副作用も実際はあるので注意が必要です。



関連記事

セロトニンやメラトニンが不足するとうつ病になる

セロトニンやメラトニンが不足するとうつ病になる

2015年6月23日(火曜日)

女性の特有の病気、更年期、思春期のことは大阪中央区の

女性の特有の病気、更年期、思春期のことは大阪中央区の"こうむら女性クリニック"へ

2015年3月26日(木曜日)